本文へスキップ

北海道議会議員<札幌市中央区選出>

札幌市中央区選出の北海道議会議員 小林郁子

郁子の部屋2016年

過去の記事
2018年2017年2016年
2015年2014年2013年2012年2011年2010年
2009年2008年2007年2006年2005年2004年

復旧工事

■2016年12月16日

今夏の台風で大きな被害のあった日高管内を訪問しました。日高町と平取町の道路や橋などの復旧工事現場を見せてもらいました。
このページの先頭へ
政策懇談会

■2016年12月9日

秋元克広札幌市長及び3副市長と道議会議員との政策懇談会が開かれました。札幌市の都市計画やオリンピック招致などの事業における道との連携などについて、意見交換しました。
このページの先頭へ
札幌市退職教職員協議会女性部委員会

■2016年11月9日

札幌市退職教職員協議会女性部委員会の交流会に出席しました。道内公立小中学校の図書館の現状などにふれながらご挨拶しました。
このページの先頭へ
連合北海道女性委員会

■2016年10月1日

連合北海道女性委員会の定期総会に出席しました。ご挨拶の中で、防災対策の策定や避難所の運営に女性が参画することの重要性などについて触れました。
このページの先頭へ
おおどりんこ

■2016年9月1日

まちなかキッズサロン「おおどりんこ」が、札幌エスワンビル(中央区南1西4)に開設されました。水曜日以外は土・日・祝日も開かれています。私の訪れたときは、育児休業中の方や買い物の合間に寄った方など多くの親子でにぎわっていました。都心部に子育てサロンができることは以前から望まれており、ここで育児情報を交換するなどして育児の不安や孤立を解消することにもつながります。
このページの先頭へ
幌西地区連合町内会による大運動会

■2016年8月28日

幌西地区連合町内会による「大運動会」が、幌西小学校グラウンドで催されました。地域の方の努力で続けられており、今年で38回目になります。雲ひとつない快晴の下、子どもも合わせ200人余りが紅白玉入れなどを楽しみました。
このページの先頭へ
サマーフェスティバル2016 in 曙

■2016年7月31日

「サマーフェスティバル2016 in 曙」が、旧曙小学校体育館で今年も開かれました。好天にもめぐまれ歌や踊りなどがにぎやかに行われましたが、こうした催しは地域の親睦を深めるよい機会になっています。
このページの先頭へ
北海道(蝦夷地)を知る・学ぶ

■2016年7月20日

「北海道(蝦夷地)を知る・学ぶ〜近代北海道のあゆみ」と題した資料展示が、道議会図書室で6月27日から8月10日まで開催されています。道立図書館と共催で、アイヌ民族に関する資料や幕末の探検家・松浦武四郎により作成された北海道地図なども展示されています。
このページの先頭へ

■2016年7月8日

「危機管理センター」が道庁地下1階に新たに整備されました。大規模災害時には、ここに災害対策本部指揮室が置かれます。80インチの大型モニターなどを備え、各地の防災情報やヘリコプターからの映像の視聴が可能になります。
このページの先頭へ
北海道札幌伏見支援学校

■2016年6月19日

藻岩山の麓に新しく開設された「北海道札幌伏見支援学校」の開校式に出席しました。ここは、閉校した北海道高等盲学校の校舎を引き継いだもので、現在49名の児童生徒が通っています。子どもたちがここで安心して過ごせるよう、地域でも見守っていきます。
このページの先頭へ
ばおばぶ

■2016年6月18日

札幌市西区に開設した放課後等デイサービス施設「ばおばぶ」を訪問しました。ここは、小中高にあたる学校に就学し、重度心身障害児の判定を受けている方を対象にしています。児童発達支援管理者、看護師、保育士、訓練士などのスタッフがそろい、医療的ケアが必要な方も利用できます。写真左の方は、この施設を運営している「iCareほっかいどう」の杉山逸子さんです。NPO法人「iCareほっかいどう」

愛和福祉会

■2016年6月3日

社会福祉法人「愛和福祉会」の特別養護老人ホームが、この6月に地下鉄「栄町駅」近くに新築移転しました。全80室がプライベート居室となっており、その一つを見せてもらいました。
このページの先頭へ
はか〜る札幌

■2016年5月16日

市民放射能測定所「はか〜る札幌」のメンバーと共に、道の原子力環境安全担当課の方から、道内における食物や大気などの自然環境に関する放射能測定の現状と課題について伺いました。
このページの先頭へ
きぼうのプール

■2016年5月14日

札幌YWCAの2016年度総会が、クリスチャンセンターで開かれました。ここは、さまざまな事情で学ぶことに困難を抱える子どもたちと共に学ぶ「フォローアップスクール」や平和な社会をめざして「ピースアクション」、高齢者のための「介護教室」などの活動をしています。
このページの先頭へ
きぼうのプール

■2016年4月20日

西区西野にある「子どもたちのための地域食堂」を訪問しました。運営はボランティアの方が行っており、温かい雰囲気の中で、子どもたちが一緒にごはんを食べたり、ゆったりと遊びや学習ができるようになっています。
このページの先頭へ
きぼうのプール

■2016年3月10日

「6年目の3.11」が札幌駅前地下歩行空間で開かれています。避難者や支援団体がさまざまな取組を紹介しています。道水産林務部のみなさんは、被災地への応援メッセージを添えた木棒(きぼう)を道民の方々に作成してもらい、被災地へ「きぼうのプール」を送る取組をしています。
このページの先頭へ
いちはつの会

■2016年2月18日

社会福祉法人「いちはつの会」が運営している、日高町にある特別養護老人ホームと養護老人ホームを訪問させていただきました。高齢化が進む地域にあって、施設の果たす役割などについて、常務理事や施設長からお話を伺いました。
このページの先頭へ
世界こども財団

■2016年2月15日

全国的な規模で幼稚園から大学まで運営するとともに、子どもが世界のどこにいても安心して暮らせる環境の整備に力を入れている公益財団法人「世界こども財団」にも深く関わっている学校法人「国際学園」の方々と共に、秋元札幌市長と面談し、子どもたちを取りまく環境などについて話し合いました。
このページの先頭へ
アイヌ民族の歴史と文化

■2016年2月2日

NPO法人「北海道地域政策調査会」主催により、「アイヌ民族の歴史と文化」と題した市民公開講座が開かれました。講師は、札幌大学副学長の本田優子さん(写真右側の方)です。本田さんは大学卒業後、平取町二風谷に移住し、萱野茂さんと共にアイヌ語辞典の編纂などにも携われました。今も、アイヌの子どもたちの大学進学率の向上やアイヌ文化の発信にご尽力されています。
このページの先頭へ
社会福祉法人 太陽の家

■2016年1月27日

大分県別府市にある「社会福祉法人 太陽の家」を訪問しました。1965年に身体障害者授産施設として開設されて以来、写真の看板にあるように国内有数の企業と共同出資するなどして、障がい者の働く場を確保しています。その中には、信用金庫やスポーツセンターもあります。
このページの先頭へ
みどりの杜病院

■2016年1月26日

福岡県八女市にある「公立八女総合病院企業団 みどりの杜病院」を訪問しました。全国でも数少ない完全独立型のホスピス緩和ケア病院です。30室の個室を備えるとともに、24時間往診可能な在宅療養支援病院となっています。写真は、保健福祉委員会のメンバー、小林の右隣の方が院長です。
このページの先頭へ
福岡市立こども病院

■2016年1月25日

「福岡市立こども病院」を見学しました。2014年に移転改築し、子どもの高度専門医療機関として、病床数239床、ヘリポートも備えています。循環器、周産期、手術・集中治療の3部門をセンター化し、関連科と連携しています。
このページの先頭へ

北海道議会議員 小林郁子事務所小林郁子

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11丁目みたか南1ビル1階
TEL 011-219-8111
FAX 011-219-7557

北海道議会(民主・道民連合)小林郁子

〒060-0002
札幌市中央区北2条西6丁目
TEL 011-231-4111(33141)

リンク小林郁子

北海道議会

北海道庁

札幌市

NPO法人iCareほっかいどう