本文へスキップ

北海道議会議員<札幌市中央区選出>

札幌市中央区選出の北海道議会議員 小林郁子

郁子の部屋2014年

過去の記事
2018年2017年2016年
2015年2014年2013年2012年2011年2010年
2009年2008年2007年2006年2005年2004年

2014年12月20日
北海道NPO被災者支援ネットの主催で、「年越し餅つき大会 de 交流会」が市民活動プラザ星園で開かれました。子ども連れのご家族などが大勢集まり、日頃の心配や苦労を忘れ、ホットするひとときを過ごしました。
年越し餅つき大会
2014年12月6日
「コロポックル」は高次脳機能障害者の支援を行っている団体です。豊平区の札幌ドームの近くにある作業所で、年末恒例の一品持ち寄りパーティが開かれました。この日は、利用者や家族の方などが大勢集まり、楽しい時をもちました。
コロポックル
2014年10月26日
生活クラブ生協主催の「わくわくまつり」が札幌市コンベンションセンターで開かれました。組合員の要望に応じて安全なものをつくる生産者の販売や組合員手作りのメニューが一堂に並び盛況でした。子どもたちが参加する「森づくりプロジェクト」などの展示も行われました。
わくわくまつり
2014年9月9日
道議会での議場コンサートで、札幌市中央区にある幌西小学校のみなさんが美しい歌声を聴かせてくれました。歌う前に、曲の紹介を一人ずつ前に出てしてくれる姿も素晴らしいです。
議場コンサート
2014年9月1日
がん患者・体験者やその家族がみんなで気軽に集まれる場所として、がんサロンLa Place(ラ・プラス)が開設されました。運営はNPO法人キャンサーサポート北海道が担っており、情報を分かち合うカフェ、各種相談、ヨガ教室などがあります。ヨガ・インストラクターの清水八重さんと。
ラ・プラス
2014年8月26日
社会福祉法人ノテ福祉会を訪問し、「定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス」のシステムについて伺いました。利用者が自宅に設置したケアコールを押すと、オペレーターが24時間対応し、必要に応じて自宅にヘルパーが駆けつけることになっています。
社会福祉法人ノテ福祉会
2014年8月10日
フェスティバルFUKUSHIMA東日本大震災の被災者を勇気づけようと、「フェスティバルFUKUSHIMA(フクシマ)!北3条広場で盆踊り」が開催されました。会場となった北3条広場には、被災者らが縫い合わせたパッチワークが一面に敷かれました。
2014年7月19日
「難治性がん啓発キャンペーン〜希望に向かって一歩を踏み出そう〜」が道庁赤れんがの前で開催されました。がんになっても安心して暮らせる社会をめざし、みんなで歩くウオーク・イベントや専門家の話を聞く医療フォーラムが行われました。中央は、キャンペーン実行委員長の大島寿美子さんです。
難治性がん啓発キャンペーン
2014年7月15日
市民放射能測定所「市民放射能測定所はかーる・さっぽろ」(代表 富塚とも子さん)を訪問しました。食品における放射能汚染の状況について、心配する方々から持ち込まれる検体を測定しています。このたびは、特に、放射能が子どもの体に与える影響について伺いました。
2014年7月9日
奥尻町を訪問し、新村卓実町長とお会いしました。ここは、1993年に起きた北海道南西沖地震で198名が亡くなられるなど深刻な被害を受けています。その経験を生かし、港や学校などで地震や津波に備えたまちづくりをしています。
奥尻町を訪問
2014年6月7日
連合北海道では、6月を「男女平等月間」と位置づけ、「働く女性のための労働相談ダイヤル」を開設しました。今は、働く女性の半数以上がパートなどの非正規労働であり、日頃抱えている悩みなどを気軽に相談されるよう街頭で呼びかけました。
男女平等月間
2014年5月24日
不登校などの生徒支援教育に実績のある学校法人国際学園が、札幌市内に初めて「星槎もみじ中学校」を開設しました。子どもたちが、ここで居場所を見つけ、相手を思いやり、自分らしく成長していくことを願っています。
星槎もみじ中学校
2014年5月15日
「性暴力被害者支援センター北海道・さくらこ」を訪問しました。運営はNPO法人「ゆいネット」に委託されており、相談や付き添い支援、医療機関や警察などとの連携を行い、ワンストップで支援できる体制を整えています。
ゆいネット
2014年5月14日
中央区連合主催で働く人の祭典・メーデーが、路面電車を貸し切って行われました。労働規制の緩和が進められようとしている中、安心して働ける社会をこそ求めていきます。
中央区連合主催
2014年3月25日
名古屋市を訪問し、名古屋市児童虐待対策室長から「名古屋市児童を虐待から守る条例」と虐待防止に向けた取組について伺いました。
名古屋市児童を虐待から守る条例
2014年3月24日
愛知県にある「国立長寿医療研究センター」とその中にある国内外最大規模の「もの忘れセンター」を訪問し、遠藤英俊内科総合診療部長から説明を受けました。
国立長寿医療研究センター
2014年3月10日〜11日
「4年目の3.11」の催しがチ・カ・ホで行われました。支援団体・避難者自助団体などの活動が紹介され、多くの市民がお話に耳を傾けたり、パネルに見入っていました。
4年目の3.11
2014年2月3日
北海道立「子ども総合医療・療育センター」愛称「コドモックル」を訪問し、子どもの心の診療の現状について、医師や看護師から説明を受けました。
コドモックル

北海道議会議員 小林郁子事務所小林郁子

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11丁目みたか南1ビル1階
TEL 011-219-8111
FAX 011-219-7557

北海道議会(民主・道民連合)小林郁子

〒060-0002
札幌市中央区北2条西6丁目
TEL 011-231-4111(33141)

リンク小林郁子

北海道議会

北海道庁

札幌市

NPO法人iCareほっかいどう